« 彼岸花 | トップページ | 万博千秋楽 1 »

2005.09.24

純愛トリック

*istD DA16-45mm F4 ED AL SILKYPIX Ver2.0


書店で平積みされている時から装丁の美しさが光る、東野圭吾著『容疑者Xの献身』

倒叙ミステリーとしても最高の出来です、正確に言うと半倒叙ミステリーかな。

完璧なアリバイ工作を仕組んだ数学者 VS 物理学者の頭脳戦は先を読まずにはいられない。

全てのなぞが解けた時、思わず涙を誘うこと間違え無しです。

|

« 彼岸花 | トップページ | 万博千秋楽 1 »

コメント

”Simple is the best !” インパクトのある装丁ですね。
ところで昨日が最終日だった愛知万博 いらしたのでしょうか?

投稿: びぶん | 2005.09.26 11:37

誰かが立ち読みしたのがすぐわかる装丁ですよ。指紋が着きやすいですからね。(笑)

そうです、最終日に行って来ました。
疲れました、歩き回ったのと人の多さに。

投稿: あんずパパ | 2005.09.26 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/6101062

この記事へのトラックバック一覧です: 純愛トリック:

» 装丁に魅せられて [幸せをくれるテディベア]
本の顔ともいうべき装丁。私は、その装丁に大変興味があり、本屋でその美しさに惹かれて本を手に取るということがしばしばあります。もちろん中身が重要なのですが、タイトルから中身 [続きを読む]

受信: 2005.09.25 01:41

« 彼岸花 | トップページ | 万博千秋楽 1 »