« CSI : Nagoya | トップページ | 冬季の陶磁器 »

2006.02.12

木蓮の涙


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

日差しを受けて輝く木蓮の蕾は、毛皮のコートを着ている見たいでとても暖かそう。
脱ぎ捨てるまでには、もう暫くの辛抱がいるようです。
そして木蓮の花が咲く頃になると聞きたくなるのが、"木蓮の涙"です。

|

« CSI : Nagoya | トップページ | 冬季の陶磁器 »

コメント

なんてあったかい気持ちにさせてくれるんでしょう。
冬芽って どれもとても美しいですよね。
たくさんのコートや毛皮をまとって寒さを凌ぎ 日差しを浴びる毎に内では開花の準備を着々と・・・
あと1~2ヶ月もすると その衣を脱いで 艶やかな晴れ姿をお披露目する。 
あ~待ち遠しい!

投稿: びぶん | 2006.02.13 13:53

ここのところやっと寒さも和らいで来ました。
日差しにも少しずつ力強さを感じますね。
そろそろあんずも、散歩に行ってくれるかな?

投稿: あんずパパ | 2006.02.13 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/8629942

この記事へのトラックバック一覧です: 木蓮の涙:

« CSI : Nagoya | トップページ | 冬季の陶磁器 »