« みなとみらい | トップページ | おでん »

2006.03.18

新宿副都心


ここ新宿副都心には高層ビルが林立している。
その中でも丹下健三作の都庁ビルは、ランドマークとして目立った存在です。
教会がモチーフだそうだが、私には墓石の様に見えてしまう。
奢り高ぶった人間の墓石群、覆いかぶさるような高層ビルに囲まれると息苦しくなります。
そして、一たび大地震という自然の力がその牙を剥けば、
ひとたまりもなく、無残な姿をさらすのは想像に難くないです。

おごれる人も久しからず


ここ新宿中央公園には、小西六工業の工場があったそうです。
小学生の頃、父親に買ってもらった二代目のカメラが、
30mm F1.9のレンズを搭載したハーフサイズ専用機【コニカ アイ】でした。
(現在も所有してますが、要レストア)
ちなみに、初代カメラは、子供用カメラの代表【フジペット】、
機種は【フジペットEE】でした。
(所在不明、どこかにある筈です、これを期にに探してみよう)

コニカミノルタ、カメラ事業&フォト事業を2006年3月31日で終了。

諸行無常の響きあり

*istD FA77mm F1.8 Limited SILKYPIX Ver2.0

|

« みなとみらい | トップページ | おでん »

コメント

私もまさかコニカがカメラ事業から撤退するとは思いませんでした。まあ、代わりにソニーなどの電気産業が乗り出しては来ていますが…。科学技術の進歩発展は、私達の思い入れとは別の展開を見せるのですね。

私も実は都庁ビルは好きではありません。とても「冷たい」感じがします。近未来をモデルに人間の奢り高ぶりをテーマにしたハリウッド映画は、都庁を使えばいいのに?とか思ってました(苦笑)
もし巨大地震が起きて高層ビル群に被害が出れば、あのガラスは高層から我が家のあたりまで風に乗って飛んで来ると言われています。。。

投稿: | 2006.03.18 13:15

初めてこの建物を見た時 悪魔の棲家?ゴーストタウン? なのかと連想してしまいました。
都庁といい 芸術劇場といい 威圧的なだけで 荘厳さとか温もりなんて微塵もありません。
おまけにこれらの建物 地震に強いとはとても思えません。

カメラ業界も撤退を余儀なくされる。フィルムも・・・すべての回転が速いということでしょうか?

日本は旧い物を壊して発展してきたのでしょうけど・・・良い物は後世に残してほしいです。

投稿: びぶん | 2006.03.18 15:07

>秋さん、びぶんさん

日々利用してる私が言うのも変ですが、利便性にだけ傾倒するのはいかがなものかですね。
懐古趣味ではなく、本質的優位性を見出せない人が多くなってきている事が、
あらゆる事象に感じられる現代の危うさのような気がします。

映画で言えば、「ブレード・ランナー」で描かれているレプリカント製造会社、
タイレル社の威圧的に大衆を見下ろす建物のようです。
この建築家や、黒○氏などの日本を代表する方々の業績は素人ながらも凄いと思いますが、
その街に、その風土に根ざしたものかは疑問ですね、
黒○氏の設計した集合住宅に住んでる人の話では、
収納も少なく、日々の生活には何かと不都合が多いと聞きますよ。

バベルの塔からガラスが風に乗って飛んでくる光景、
想像するだけで恐ろしいですね。

投稿: あんずパパ | 2006.03.19 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/9140521

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿副都心:

« みなとみらい | トップページ | おでん »