« A Quarter Century | トップページ | 啓蟄 »

2006.03.04

RED ROSES FOR A BLUE LADY

今日の抜けるような青空、

窓辺の赤い薔薇。

そうだ!、"ブルーレディーに赤いバラ"を聞こう。

スタンダードはいいね、心が落ち着きます。


*istD FA☆24mm F2 AL〔IF〕 + Auto Extension Tube No.1 SILKYPIX Ver2.0

|

« A Quarter Century | トップページ | 啓蟄 »

コメント

スタンダードがお好きとは、嬉しいですね。
懐かしいのをご存知なんですね。
酒とバラの日々 マイファニーヴァレンタイン  ブルームーン(古過ぎますか?)こんな曲、昔
よく歌っていました。
ちなみに、大好きな花は バラ で 戴くと直ぐ
ドライにして,1年ばかり楽しんでいます。
梅も少し咲きましたので、近じか写真お送りさせていただきます。

投稿: 小坂洋子 | 2006.03.04 21:51

テレビのCMからは 時々美しいメロディーが流れてきます。
心地よいと感じる音楽は人それぞれでいいのですが 今 流れているいろんなジャンルの楽曲 ”50年(20年?否10年)後 何曲残っているのだろう?” って思うことありませんか?

窓辺の真っ赤なバラ 青空とよくマッチしていて素敵です。

投稿: びぶん | 2006.03.05 13:08

>小坂さん

ジャンルに関係なく音楽好きです。
スタンダードは、美しいメロディーで安心して聞いていられます。

そうですね、我が家でも既にドライになってますよ。
梅と日テリ、お待ちしてます。

>びぶんさん

そうですよね、美しいメロディーがやはり心を惹きつけるんですよ。

リズムもメロディーも複雑化した今の楽曲で、
どれだけがスタンダードとして残りうるのか、興味深いですね。

投稿: あんずパパ | 2006.03.06 18:24

目の覚めるようなビビッドな色彩 ステキですね。
自然が作り出す色ってスゴイです。
こんなステキな写真を撮れる
あんずパパさんは、もっとスゴイです!!

投稿: のこちゃん | 2006.03.06 23:33

ありがとうございます。
身に余る光栄です。
(アカデミーの余韻を引きずりながら)笑
きのこちゃんと二年目になる今年も、楽しい思いでいっぱい作ってください。

投稿: あんずパパ | 2006.03.07 00:22

TBありがとうございます。
与論の空はとってもきれいでした。
海もきれいで、走っていても気持ちよかったです。(結構景色をみる余裕があったよ)
残念ながらクジラはみえなかったです。

投稿: かったんらんちゃん | 2006.03.09 09:37

コメント遅くなりました、クレームはニフティーへ。笑

景色を楽しみながら、自己新の3時間31分とは脱帽ですね。

そうか、チャンスさえあればホエール・ウォッチングができるんですね。

投稿: あんずパパ | 2006.03.10 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/8941984

この記事へのトラックバック一覧です: RED ROSES FOR A BLUE LADY:

« A Quarter Century | トップページ | 啓蟄 »