« 海上の森 | トップページ | 真実は一つ »

2006.05.09

海上の森 2

こんな立て看板を見ると「ドキッ」としますが、自然が守られてるって事は、こういう事でもあるんです。
マムシを昼間見かけるのは7~8月の出産前か冬眠前後だそうですから、とりあえずは大丈夫でしょうね。

そしてこの時期見かけるのは・・・。

マムシはマムシでも、マムシ草です。
ちょっぴり不気味な姿です。



そして可愛い、チゴユリも咲いてます。

*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

|

« 海上の森 | トップページ | 真実は一つ »

コメント

私の観たマムシグサは雌株のようでしたが こちらはどうでしょう?
苞の下の方の合わせ目部分が 開いているようにも見えますが・・・

昆虫は雄株に入ると 上からは逃げ出せないので 下のこの開き目から花粉をいっぱいつけて脱出。
次に雌株に入るも こちらには脱出口がないので 受粉だけして一生をここで終わらせることに・・・
順番が逆だったら 受粉は成立しないまま 昆虫は閉じ込められる・・・どちらにしてもあわれ。
虫にとっては恐ろしい罠の受粉の仕組みですが 花の方も入る順番までは考えていないのでは?と思っちゃいます。
もっとも ごまんといる虫の数でなんとかなりそうですが・・・

チゴユリはユリ科なので普通 花被片は外花被3枚+内花被3枚の6枚なのに こちらのはどう観ても5枚ですよね?雄しべも5本?
開花後時間が過ぎて 落下したとも思えないのです。自然界には突然変異なんてものは結構あるようですから。
お花自身に聞いてみないとわかりませんよね。笑

投稿: びぶん | 2006.05.10 00:39

まむし注意←我が居住地にも一杯有ります
通称マムシ山なんだって(^_^;
あちこちに沼が有るからねぇ。。
息子も小さい時近所の友達と二人して噛まれ慌てたことあり~
これだけ住宅が建っても、マムシは生き残って居る
ゴキブリと一緒で強い生き物らしい(・へ・)
それよりムカデの方が出会う確立大でね・・何れもイヤダね。

チゴユリ可愛いね♪
こんな小さい花によく目が行くよ、、感心
ワラビ・ハチクなど山菜は一生懸命探すけどね(笑)

投稿: ももんが ひめ | 2006.05.10 09:38

>びぶん さん
さすが鋭い観察眼ですね。
チゴユリですが、右下の向こう側にもう一枚あるようです。
リサイズ前のもので確認してみました。
ただ雄しべに関しては5本に見えますね、これは気付きませんでした。
マムシグサのほうはどうだったか記憶が定かではありません。
写真で判断するしかないですね、ゴメンナサイ。

>ももんが ひめ さん
マムシ山とは凄い名前だ。
息子さん噛まれた事があるの??
恐ろし~い!

グェ~!ムカデ!
ムカデは勘弁してください、考えただけで駄目です。

投稿: あんずパパ | 2006.05.10 22:50

>さすが鋭い観察眼ですね。
チゴユリですが、右下の向こう側にもう一枚あるようです。

ちっとも鋭くありませんでした~ 汗
どこに目がついているんだか・・・
6枚ありました。
雄しべもきっと6本あるのでしょうね。
お騒がせいたし申し訳ございませんでした。

投稿: びぶん | 2006.05.11 11:06

こちらこそ、紛らわしい写真で申し訳ありません。
雄しべに関しては、いまだに判りませんね。

心霊写真はこうして生まれるんですね。笑

投稿: あんずパパ | 2006.05.11 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/9994066

この記事へのトラックバック一覧です: 海上の森 2:

« 海上の森 | トップページ | 真実は一つ »