« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

地下鉄車内

名古屋の地下鉄には、

痴漢撃退用の・・バットが置いてある。 笑

     ドラゴンズ・トレインにて


*istD FA☆24mm F2 AL〔IF〕 SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.29

羽衣


優雅に美しく、流れるように柔らかく。

続きを読む "羽衣"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.28

紫陽花・アマチャ


続きを読む "紫陽花・アマチャ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.26

薔薇2


今回はマクロ三昧です。

続きを読む "薔薇2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.25

薔薇1

定番。
バラの花撮りでは、青空に赤いバラという写真を撮ってしまいたくなるのです。

アンクルウォルターと言うバラなのでしょうか、
バラには多くの名前があってどれがどれやら判らなくなってしまいます。

続きを読む "薔薇1"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.24

バラの蕾

バラの写真は、蕾から。
期待膨らむ蕾がいいです。

・・ちょっと膨らみすぎですか。

*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.23

兆し


ぐ~っと近づくと、もうそろそろなのが判りますよ。


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.22

夏は来ぬ?

もう日差しは夏です。


空木(別名 卯の花)。
♪卯の花のにほふ垣根に・・・
と歌われてますが、あまり匂わないんですね・・。

*istD FA35mm F2 AL SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.21

生き物万歳

この良いお天気は、梅雨の晴れ間ですか??

みんな活動再開です。

続きを読む "生き物万歳"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.20

久し振りに


雨が上がって、太陽が覗きました。

青空ってこんなにも気持ちが良かったんですね。

続きを読む "久し振りに"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.19

ロウバイの実

瑞々しい実と熟練の網籠、老壮競演です。

ロウバイは年中何かを身にまとってるのです。


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.18

花菖蒲

雨の降る光景によく似合う花です、まるで傘のよう。

知人の訃報が届きました。
ご家族の心に差しかけてあげる傘を・・。


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.05.17

ツツジの涙


五月晴れが恋しいのに、雨に打たれてばかりのツツジ。
いつしかツツジの季節も終わりです。


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.16

ヒトツバタゴ

通称「なんじゃもんじゃ」

眩しいぐらいの純白の花。
遠目に見ると雪が降り積もったように咲いています。

続きを読む "ヒトツバタゴ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.05.15

ムラサキツメクサ


何処にでも咲いている、あまり気にもかけない身近な花。
でも近づいてじっくり見てみると、
とても可愛い花が集まっていることに改めて気付かされます。

続きを読む "ムラサキツメクサ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.14

紫蘭


じっと見ていたら、食べたくなってきました。

何かに似てる。

続きを読む "紫蘭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

あ・めだ、今日も

半日晴れただけで、また傘が必要な天気です。

じっくり見るのは久し振りのカタツムリ。

最高の散歩日和のようです。

*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.11

久し振りに晴れた


梅雨の予行演習ですか?
午後から久し振りに太陽を見ました。


*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.10

真実は一つ


名探偵コナンは大変人気の高いアニメ番組です。
可愛らしいキャラクターと、しっかりしたストーリー展開で見るものを飽きさせないそうですよ。
ここ京橋にある読売テレビ本社前に、そのコナン君の銅像があります。


先日BS放送で、香港の討論番組を偶然見る機会がありました。
その内容は、「日本のアニメ番組を排斥すべきかどうか」と言う討論でした。

排斥すべき側の大学教授曰く、
「日本のアニメ業界は日本政府と結託して、中国に対し思想的な侵略をしようとしている。
アニメを許す事は、帝国主義的侵略をしようとする日本の思う壺である・・・等々」

排斥すべきでない側の大学教授曰く、
「優れた文化・技術を取り入れそれを吸収し、我々の文化・技術で遅れている部分に生かすことは良い事である。
我々の中華文明は寛容な文化であり、その寛容さゆえ多くの優れた他の文化を吸収することでより一層の発展を遂げた、日本の優れたアニメを排斥する事は我々のその様な伝統と異なる・・・・等々」

最後に、視聴者からのメールで多数を占める意見、
「中国の多くの若者が日本のアニメを見るのは、それが中国のものより優れているからだ。
優れているものを素直に認め、取り入れることで我々も進歩する。
思想的に受け入れられない部分があっても、それに影響される事は無い。
排斥する事のマイナス面のほうが大きい・・・・等々」

ちょっと安心しながら、民意と政治について考えてしまいました。

*istD DA16-45mm F4 ED AL SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.09

海上の森 2

こんな立て看板を見ると「ドキッ」としますが、自然が守られてるって事は、こういう事でもあるんです。
マムシを昼間見かけるのは7~8月の出産前か冬眠前後だそうですから、とりあえずは大丈夫でしょうね。

そしてこの時期見かけるのは・・・。

続きを読む "海上の森 2"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.08

海上の森


新緑の眩しいこの時期に行って見ました。
昨年の愛・地球博で有名になった海上(かいしょ)の森へ。

本来は海上の森がパビリオンの建つメイン会場になる予定だったのですが、
(終了後は宅地開発が予定されてました)
オオタカの巣の発見などで地元の反対にあい、
一部を瀬戸会場とすることで自然は守られました。

続きを読む "海上の森"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.07

名城公園の藤

名古屋城に隣接する名城公園には、全長700mに及ぶ藤の回廊があります。


続きを読む "名城公園の藤"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.06

ごきげん・あんず


さつきのさんぽは、きもちがいい。

続きを読む "ごきげん・あんず"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.05

ゴールデンウィーク


あんずにとて、

大好きな次女が帰って来てくれたことが、

最高のゴールデンウィーク。


*istD FA☆200mm F2.8 ED〔IF〕 SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.03

タイツリソウ


ケマンソウとも言うそうですがあまりしっくり来ません、
タイツリソウのほうが言い得て妙だと思います。

続きを読む "タイツリソウ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.05.02

石楠花


ツツジ科だけにツツジの花をまとめた様な花です.

その威風堂々たる佇まいは美しいです。

続きを読む "石楠花"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.01

落花・御衣黄

緑色の桜として有名な桜ですが、散り方も一味違います。

緑色からピンク色になって、落花します。

桜の季節の終わりを告げる光景、今日から皐月です。

*istD DA16-45mm F4 ED AL SILKYPIX Ver2.0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »