« 最終ランナー2 | トップページ | 無花果 »

2006.08.03

螺旋

向日葵の種は右回りと左回りの綺麗な螺旋を描いてます。
その数は右回りが55個なら、左回りは34個、右回りが89個なら、左回りは55個・・・。
そこには、フィボナッチ数列(1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144 233 ・・・)が隠れています。
自然の持つ美しい配列です。
一度数えてみますか?

*istD TAMRON SP AF 90mm F2.8 Macro (172E) SILKYPIX Ver2.0

|

« 最終ランナー2 | トップページ | 無花果 »

コメント

数学の難しい名前の法則が 植物とそんなかかわりがあるなんて 
とても不思議で神秘的ですね。

「植物の枝や葉が螺旋状に生えていくとき、隣り合う2つの葉のつくる角度は円の周を黄金比に分割する角度である。。。」( ̄へ ̄|||) ウーム そうなんだぁ~ 深いですねぇ・・・・。 

投稿: るびい | 2006.08.03 16:04

出ましたね。お得意のフィボナッチ数列! 笑

自然の作る造詣は奥深く 感嘆に値します。
無駄な作りなんてないんですよね。
後から人間がその法則に気がつくっていうのも変な話ですが・・・

かくいう人間の体も神秘でいっぱいですね。

投稿: びぶん | 2006.08.03 19:35

ヒマワリの超アップ、目が覚めました。
玉アジサイの連続写真も面白いですね。

投稿: スタジオA | 2006.08.03 22:25

長く生きてきましたが、螺旋の事実は知りませんでした。
世の中の多くの人は知っていることなのでしょうか(ショック)
子供は大きくて夏休みの研究課題はないので、孫ができたら?!種を数えさせます。
ためしに、写真の種を数えかけましたが、老眼には無理。
右まわり、左まわりの矢印(ひげ)が付いていて、方向はわかりやすいですね。

投稿: パル母 | 2006.08.03 23:37

>るびいさん

法則なんてのは、観察する事によって分かった事実に過ぎないんですよ。
美しいなって感じて、楽しめば良いんですよ、難しいことはその道の人に任せてね。

>びぶんさん

パイナップルや向日葵、フィボナッチ数列好きにとっては格好の季節になりましたね。笑
自然が主役ですから、人がその法則を知るのは道筋ですね。

>スタジオAさん

夏~!て感じ伝わりましたか。
玉紫陽花は咲く過程が劇的で、とても面白いです。

>パル母さん

お孫さんができたら・・・それは良いお考えですね。笑
夏の自由研究(今でもそう呼ぶのでしょうか?)には最適、
観察こそ科学の第一歩です。

投稿: あんずパパ | 2006.08.04 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/11229740

この記事へのトラックバック一覧です: 螺旋:

« 最終ランナー2 | トップページ | 無花果 »