« 天高くフラの秋       備忘録 | トップページ | 良薬は目に優し »

2006.10.01

朱に交われば赤くなる


ヒガンバナの赤に


アキアカネの赤


やがて山へと燃え広がるのです。

*istD FA☆200mm F2.8 ED〔IF〕 SILKYPIX Ver3.0

|

« 天高くフラの秋       備忘録 | トップページ | 良薬は目に優し »

コメント

これが 先日おっしゃていらしたヒガンバナの秘策ですね?
真っ赤に燃える赤 きれいです。

アキアカネの背中の赤は ヒガンバナからのそれのようです。

そして アキアカネから山の紅葉へ・・・ですね。
ヒタヒタと秋が深くなってきました。
山の紅葉のお写真が楽しみです。

投稿: びぶん | 2006.10.01 14:10

キレイだぁ~!!(^-^✿)
ヒガンバナ、燃えてますね~^^

アキアカネの羽の付け根と 
透明な羽の先にも赤が飛んでるところが
オシャレですね(^・^*)
トンボってこんなに綺麗なんだ・・って思っちゃいました('-'*)

投稿: るびい | 2006.10.01 14:39

> びぶんさん

先日のは実はこれじゃなかったんですが、ロケハンがうまくいかなくって・・。
別のイメージで撮ってみました。

一雨ごとに秋が濃くなる気配です。
今年の紅葉は少し遅くなるけど、とても綺麗らしいですね。


> るびいさん

イメージに近い感じで撮れました。

羽の先に、付け根にある赤がほんとに印象的ですね。
撮影後、私も気付きました。

投稿: あんずパパ | 2006.10.01 21:39

本当に燃えているようですね。
幻想的ですね。

トンボちゃんもこんなに詳細を見たことって無かったです。
自然の作るものは綺麗ですね。

投稿: rudy-love-111 | 2006.10.02 04:44

> rudy-love-111さん

ヒガンバナの赤を上手く表現できたでしょうか?

自然の作り出す造形美には感心するばかりです。

投稿: あんずパパ | 2006.10.02 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/12103511

この記事へのトラックバック一覧です: 朱に交われば赤くなる:

« 天高くフラの秋       備忘録 | トップページ | 良薬は目に優し »