« 新宿御苑にて | トップページ | 完走おめでとう! »

2006.11.19

雲錦


春の桜に秋の紅葉。


二つが同時に描かれた模様を雲錦模様と言います。


器や着物などでは、二つを同時に描く事で季節感なく使えるという合理的模様でもあります。


実際に目にするその光景は、季節感をなくした合理的なものではなく、
幽玄の世界・・・・美しい眺めです。


ここ愛知県は豊田市の小原地区では、雲錦模様の世界が広がっています。
今年は、紅葉が少し遅れているのが残念ですが。

*istD FA☆200mm F2.8 ED〔IF〕 SILKYPIX Ver3.0
*istD DA16-45mm F4 ED AL SILKYPIX Ver3.0

|

« 新宿御苑にて | トップページ | 完走おめでとう! »

コメント

なんて綺麗なんでしょう・・・ウットリ(u_u*)。。。
日本人に生まれて 良かったァ~と思うのは
新米のご飯をほおばった時とか(また食いしん坊って言われそう・・・(/・_・\)アチャ-・・)
温泉に入った時とかいろいろありますが 
桜を愛でたり 美しい紅葉を目にしたときにもそう思います。

両方なんて・・・・贅沢すぎですぅ~(^・^*)


>らんちゃんさん マラソンお疲れ様でした。
>雨だし 寒かったし、、、大変でしたね。。
>ゆっくり休んでくださいねー(*^^)v

投稿: るびい | 2006.11.19 17:35

まさに幽玄の世界とはこの事ですね、素晴らしい!見とれてしまいます。こんな素晴らしいところが日本にあるのは本当に嬉しい限りです、出来ればこの目でみたいものですが こう言う事はチャンスを逃すと見れないですね、 何時も素晴らしいのを見せていただき有り難う御座います、 (体調はお陰さまでヤット戻りいつもの如く働いていますが、身にしみたので時々休息を取り入れました)

投稿: カピラ小坂洋子 | 2006.11.19 18:12

まあ、雲錦模様とはデザイン上のことだけではなかったのですね!?
実在するなんて!?しかも素晴らしい眺め。
神様視点で上から見下ろすアングルも素敵ですね。
谷間の道路をドライブしながら見上げる人間視点を次回にリクエストしちゃってもいいですか?(笑)
でも、この冷たい雨では桜がもう散ってしまうでしょうね。

ところでこの時期に咲いているということは、コフク桜ですか?

投稿: | 2006.11.19 18:52

> るびいさん

新米、温泉、桜、紅葉、日本人の琴線に触れるものばかり、
美しい日本ですね、これが。

この位の贅沢なら許されるでしょ?


> カピラさん

街からチョッと足を伸ばせば、
日本には素晴らしい自然がまだまだあります。
そのチャンスに上手く出会えることを感謝しないといけませんね。

どうぞ体と対話しながらお仕事してください。


> 秋さん

華麗な着物を見ているようです。
ここの桜は四季桜と呼ばれる種類のものです、春と違って花持ちが良く、暫くの間は咲いてるようですよ。
見上げる視点ですか?前向きに善処いたします。笑

投稿: あんずパパ | 2006.11.19 23:57

ふ、、、不思議な世界ですね。
初めて見ましたが、桜と紅葉のコラボなのですね。
毎年この美しい景色が見られるなんて羨ましい限りです。

投稿: rudy-love-111 | 2006.11.20 06:31

すばらしいです。一度はみてみたいです。
こちらでも、秋に咲くサクラの紹介がありましたが、植物園に一本だけとか・・今年は「狂い咲き」で良しとしました(笑)
たくさん植えられているのですね?豊田市はえらい!
最後の写真の背景の木々は杉が多いですよね。どこの山を見ても杉だらけですよね。紅葉のころになると、山をみて悲しくなります。植林をされてない山は、低い山でも紅葉がきれいですね。
サクラのアップの写真、ため息がでます。

投稿: パル母 | 2006.11.20 08:27

すごく きれぇーですねぇー♪
一眼レフですか? さすがぁー♪

投稿: ルビー | 2006.11.20 13:49

豊田市にこんなに美しい景色があるのですね~
これは不断桜と呼ばれ 京都大原の実光院にもある四季咲きのサクラでしょうか?違うかな?
きれいです!
去年訪ねた鬼石のフユザクラとジュウガツザクラとを想い出します。やはり桜と紅葉とが織り成す素晴らしい景色を堪能してきました。
ほんとに贅沢な花見です。
しかも川まで流れていて・・・
この花びらはハラハラとこの川には落ちないのでしょうね。寒さで縮こまるタイプかな~?

投稿: びぶん | 2006.11.20 17:22

> rudy-love-111さん

桜と紅葉を同時に楽しめる贅沢、日本の美ですね。
せめて写真ででも楽しんでください。


> パル母さん

ここは和紙の里としても有名な旧『小原村』です。

ここの四季桜の歴史は古く、
樹齢100年以上の天然記念物に指定されてるのもあるくらいなんですよ。

そう杉だらけです、春先は近づけませんね。
自転車に乗ってた頃はこちらの方面によく来たものですが、春先には酷い目にあってました。笑

> ルビーさん

ありがとうございます。
そうですよ、デジ一眼です。

> びぶんさん

これは四季桜と解説されてました。
ほんとに贅沢な花見ですね、チョッと肌寒いのを我慢すれば。笑
山間ですから結構冷えるんですよ。

花持ちは良いと聞いてますが、一斉に散る事はないのでしょうね。
紅葉がもっと進んだ頃に、もう一度行ってみたいですね。

投稿: あんずパパ | 2006.11.21 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/12743137

この記事へのトラックバック一覧です: 雲錦:

» :冬にサクラを愛でる: [Bun meets man.]
フユザクラは ヤマザクラとマメザクラとの交配種と推定され 葉が小形なのでコバザクラの別名があります。 白色または淡白紅色の一重咲きで 楚々とした可憐な花です。 春にも再び花を咲かせるので ”二度咲き” の... [続きを読む]

受信: 2006.12.10 02:13

« 新宿御苑にて | トップページ | 完走おめでとう! »