« もう!咲いちゃった | トップページ | 中馬のおひなさん 2 »

2007.02.22

中馬のおひなさん 1

20070222


中馬とは、江戸時代の中ごろ馬の背で荷物を運ぶ人々、運送業のことをいいます。
三河沿岸の塩田から信州へ塩を運ぶ「塩の道」飯田街道などの中継点として、この足助は栄えたそうです。


20070222b

紅葉の時期、県下では最大の名所として有名な「香嵐渓」があるのがこの足助です。
ただ紅葉時期と違い、冬は閑散とした町なので、それを活気付けようとして1999年から開催されたのが「中馬のおひなさん」なのです。
足助の古い町並みに新旧の雛人形が展示されるイベントは、今では多くの観光客を集めて一大イベントになっています。

20070222c

これは花餅。
冬の時期、生花が手に入り難くかった昔、お正月を飾りました。


20070222e

明日からいろんなお雛さまをご紹介しましょう。

|

« もう!咲いちゃった | トップページ | 中馬のおひなさん 2 »

コメント

素敵な町並みですね~
ここも町並み保存に指定されているのでしょうか?
花餅が飾られ 青々とした竹のなかに見える可愛いお雛様たち!
今から 充分に焦らされています。笑
明日からが楽しみです。

投稿: びぶん | 2007.02.22 14:11

タイトル ”中馬のおひさん” なのでしょうか?
それとも ”中馬のおひなさん” でしょうか?

投稿: びぶん | 2007.02.22 16:19

こんにちは。
もうすぐ3月で桃の節句ですね。
花餅可愛いですね。町並みにとっても似合ってます。
竹にお雛様を飾っているのも素敵ですね。
明日からのお雛様、楽しみです♪

投稿: だいママ | 2007.02.22 17:24

そういえば、来週は3月になるんだなあ・・・
竹のなかのおひな様、かわいです!!
明日から、おひな様ですか。楽しみです。
きみかるも今週末には飾らないと・・・

投稿: きみかる | 2007.02.22 21:29

懐かしさを感じさせる町並みですね、町おこしは何処の町でもあたまを使いますが、こんな町並みで古いお雛様を飾るのは似合っています、明日からが楽しみです。カピラも震災の時、蔵から持ち出した雛が年代物で(約100年前のと、幕末の)店とサロンに出しますが、毎年見に来てくださるお客様がいて、うれしいです。

投稿: カピラ小坂洋子 | 2007.02.22 22:03

> びぶんさん

ここは古くから町並み保存が活発でした。
素敵な町並みが残されているのもそのおかげです。
いろんなお雛様を楽しんでください

【中馬のおひなさん】・・・ですね!笑


> だいママさん

もう桃の節句の時期なんですね、時の経つのは早いです。
北海道も例年に比べるとずいぶん暖かいんでしょ。
ちょっと拍子抜けですね。


> きみかるさん

早めに飾って、何時までも飾っておかない。

でも旧の桃の節句まで飾っちゃいます、だってもったいないですからね。笑

> カピラさん

江戸時代のお雛様ですか、それは凄い!!
ここでも同じようなお雛様を飾っていた方がいました。
ご紹介す予定です、お楽しみに。

投稿: あんずパパ | 2007.02.22 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/14002571

この記事へのトラックバック一覧です: 中馬のおひなさん 1:

« もう!咲いちゃった | トップページ | 中馬のおひなさん 2 »