« ふんわり | トップページ | そろそろ咲きますか »

2007.02.19

花鳥画

20070219


梅に鶯ならぬメジロです。

20070219b

メジロの羽のような色を鶯色と勘違いしがちですが、ホントはもっと茶色っぽいんですね。

|

« ふんわり | トップページ | そろそろ咲きますか »

コメント

梅に鶯といいますが おっしゃるようにメジロのことをウグイスと間違えているという説があります。
ほとんどのお方が メジロのこの色をウグイスと勘違いされているようです。
でもご近所のウメには午前と午後と ウグイスが来るそうです。見てみたいものです。

にしてもいいですね~こういうの!
ボケもうるさくなって まさに花鳥の図ですね。
手動でトラバ お手数をおかけいたし ありがとうございました。

投稿: びぶん | 2007.02.19 17:08

まさに花鳥画そのものですね、うちにお越しの日本画家にお見せしたいです、本当に鶯にみえますが私たちが見ているのも、めじろなんでしょうか?先日天神様に梅見に行きましたら鶯がしきりに鳴いているので 本物か 録音か と疑っています。
 

投稿: カピラ小坂洋子 | 2007.02.19 18:36

すごい!!メジロちゃんがいる。梅も。昨日から日本画の世界を満喫しております。
ウグイスは姿をあまりみせませんね。メジロはけっこう見せますが・・これは望遠ですか??

投稿: きみかる | 2007.02.19 21:21

梅の花にメジロは似合いますね。
絵になります。

先日こどもが学校帰りにメジロを見た、目がかわいかったと言ってました。
ふ~ん、と思ってましたが、この写真を見て改めて白い縁取りのあるメジロさんの目ってかわいいな、と納得。
こどもって細かいところちゃんと見ているものですね。

投稿: めっこ | 2007.02.19 22:58

絶妙~~~ですね。
梅は緑萼梅か月影ですか。

投稿: スタジオA | 2007.02.19 23:26

> びぶんさん

鶯は警戒心がとても強いそうですから、なかなかお目にはかかれません。
ご近所なら、是非写真を撮らせていただけないものでしょうかね?

メジロはあまり警戒心が強くないのか、神経が図太いのか近くまで行っても逃げたりしなかったです。


> カピラさん

ウグイスはもっと茶色が強いですね、それに何と言っても目の周りが白いのはメジロの特徴です。

天神様のウグイスは本物と信じたいですね。
我が家の庭やご近所の庭にはウグイスがやって来て初鳴きの練習をするんですよ。
昨年もやってきたので今年も来てくれると信じてます。

> きみかるさん

そうです!日本画風特集ですよ。笑

そう200mmの望遠です。
写真の上にマウスポインタを移動すると、
どの写真でもレンズの種類などが見ることが出来ますよ。

> めっこさん

メジロって可愛いですよね、愛くるしいですよね。
それに結構人を怖がらないから、近くで観察できるのも親近感が沸きます。
一生懸命蜜を食べてるから、人間なんて目に止まらないのかな?笑


> スタジオAさん

ありがとうございます。

さすがよくご存知ですね、
たしか長束と月影の名札を記憶していますから、月影ではないでしょうか自信はありませんが。

投稿: あんずパパ | 2007.02.20 00:25

先週大倉山に月影と緑萼梅があたのですが、名札でしか区別がつかなかったんです。

投稿: スタジオA | 2007.02.20 06:38

> スタジオAさん

スタジオAさんでも区別つき難いですか?安心しました。笑
私なんてもっと無理ですよ。

投稿: あんずパパ | 2007.02.20 22:05

本当に花鳥画にようです!!
↓の枝垂れ梅も素敵でしたが、日本画のようですね。

梅にツツジに他にも春の花?
確かに季節感が薄れますね。
日本は四季から三季くらいに変化しているのでしょうか?

投稿: rudy-love-111 | 2007.02.22 07:17

> rudy-love-111さん

ありがとうございます。

暖冬暖冬と言ってますが、年を追うごとに温暖化の影響がでてくるんでしょうね。

投稿: あんずパパ | 2007.02.22 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/13967150

この記事へのトラックバック一覧です: 花鳥画:

« ふんわり | トップページ | そろそろ咲きますか »