« ハス | トップページ | コムラサキ »

2007.07.10

ダリ展

20070710q


創造する多面体のキャッチコピーが的を得て、まさにダリの尽きることなき創造力が生み出す情熱あふれる世界を堪能しました。

絵画からインテリアに至るまで彼の作り出す世界は、見る者を魅惑して飽きさせません。
1939年のニューヨーク万国博覧会で、彼が手掛けた〈ヴィーナスの夢〉と呼ばれるパヴィリオンでの制作風景の写真は大変興味深かったです。
それにしても会場内は大混雑で、じっくり作品を鑑賞できる状態ではなかったのが残念でした。

この美術館の展示場はちょっと狭過ぎます、
黒川紀章氏の設計によるものですが、正直疑問です。(-_-;)

|

« ハス | トップページ | コムラサキ »

コメント

やっぱりね~!
そんなに混んでいましたか~!
そんなに狭い美術館なんですか?
場所はたくさんあると思うのですが・・・

投稿: びぶん | 2007.07.10 20:11

> びぶんさん

大袈裟に言えば、満員電車状態です。(^^;)
展示数が多いことも影響してますが、普通の美術館よりは狭い気がしますね。
作品ごとの間隔を広く取ってゆったりと鑑賞出来るようにして欲しいところです。(-_-;)

投稿: あんずパパ | 2007.07.11 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62952/15708795

この記事へのトラックバック一覧です: ダリ展:

« ハス | トップページ | コムラサキ »